沿 革

■1963年

工作機械、プレス金型設計加工会社として創立 牧野フライス・アイダ等の

工作機械及び金型の販売開始

■1973年

工作機械自動装置の設計製作開始、工作及び組立用冶工具の設計製作開始

■1974年

自動化フレキシブルライン設計製作開始、オートローダー開発製作開始

■1975年

マレーシアにカメラ組立ライン設置

■1978年

DNC加工システム及び工場ライン開発、世界初成功

■1980年

感光体製造ライン開発製作

■1984年

新型ノイズ検査機開発製作、ミノルタα-7000用三次元自動組立機開発製作

■1987年

新型前カン自動加締機開発製作開始

■1989年

OPC感光体製造ライン開発設置

■1988年

ドイツ縫製機械国際メッセ、ケルンで弊社開発機ベストマシンとなる

多種少量生産用リードフレームエッヂングライン開発

■1990年

高速複写機開発

■1995年

ソーラーセルロータリー型自動タビングマシン開発、生産開始

■2000年

世界最高速、直行型テーブルレスソーラーセル自動タビングマシン生産開始

■2002年

超精密ガラスモールド成形機完成

■2003年

第15回中小企業優秀新技術・新製品賞をソーラーセルタビングDF-2にて受賞

■2004年

ソーラーセルタビングマシン海外輸出始める

■2005年

超精密ガラスモールド量産機生産開始

■2007年

ソーラーセルタビングマシンDF-3開発

■2009年

ソーラーセルタビングマシンDF-5開発

本社 堺市に移転

■2011年

ソーラーセルタビングマシンDF-6 DF-7開発

レイアップシステムDLシリーズ開発

売上高30億円突破

■2012年

タビングマシーンDF-8開発

■2013年

タビングマシーンD-BX開発